赤い国に住む者のスケッチブック

趣味で描いた絵をあげていくけんね!

【イラスト作成過程(3)】響け!ユーフォニアム・久美子さん

スポンサーリンク

昨日の続きを描いていきます。

 

Twitterにまとめを書きました。

 

 

 

1.制服の色塗り

 

f:id:hiro227asrw:20200105155706j:plain

 

制服の色塗りをしていきます。

下色のレイヤーの上に1影、2影とレイヤーを重ねていき、下色よりも濃い色を使って塗っていき、立体感を出していきます。

 

2.ユーフォニアムの色塗り

 

f:id:hiro227asrw:20200105155855j:plain

 

楽器は本当に難しいです。

いままで、BangDream!(バンドリ!)のイラストを描くときにギターなどの楽器を描いたことがありますが、まだこのギターを描く方が簡単だ!と思ったくらいです( ´艸`)

金管楽器は曲線が多く線画を描くのも悩みましたが、色塗りも悩みました、、、金属感を出すのにどのように表現すればいいか、何度も資料を確認しながら、悩みながらぬっていきました。

白・黒を使って、メリハリをつけていくように塗っていきました。

これで金属感は出たでしょうか?

 

3.肌の色塗り

 

f:id:hiro227asrw:20200105160450j:plain

 

肌の色塗りをしていきます。

肌の下色の上に、1影、2影とレイヤーを重ね、肌に立体感を出していきます。

いつものとおり、元気っぽさを出すため、赤系統の色を使って塗り重ねていきます。

 

4.瞳の色塗り

 

f:id:hiro227asrw:20200105160700j:plain

 

髪の毛の色を柔らか消しゴムでサッと消し、肌の部分を少し見えるようにしました。

これで、顔回りがやや明るくなったのではないか、と思います。

 

f:id:hiro227asrw:20200105160844j:plain

 

瞳の色塗りを進めていきます。

この部分はレイヤーを多く使います。

乗算レイヤーで瞳孔部分を塗っていきます。覆い焼き(発光)レイヤーやスクリーンレイヤー、加算(発光)レイヤーを使ってハイライトを塗っていきます。

頬に赤みをつけ、くちびるにも色を塗りました。

 

ここまでこぎつけることができました。

後は、完成まで進めていきたいと思います。

 

今日はここまでです。

 

私も予約しました。家でも楽しめそうです!

 


 

 

スポンサーリンク