赤い国に住む者のスケッチブック

趣味で描いた絵をあげていくけんね!

巫女さんと広島市内の神社散歩

スポンサーリンク

何を思ったのか、急に巫女さんを描きたくなり、ペンタブのペンを走らせました。

f:id:hiro227asrw:20191123220017j:plain



 

イラストのあらまし

 

急に描きたくなったイラストなので、コンセプトは何も考えていませんでした。

思うまま、紙に鉛筆でラフを描き、クリスタで描き進めていきました。

まず、線画を描き、

 

f:id:hiro227asrw:20191123220250j:plain

 

そして、色を塗りました。

 

f:id:hiro227asrw:20191123220017j:plain

 

広島市内の神社散歩

 

天気が良い日に散歩をするのはとてもいいです。

少し汗をかきましたが、心地がよかったです。

やはり、体を動かすのはいいものです。

巫女さんを描きましたので、少し強引のような気もしますが、神社を2社ほど散歩してきました。

 

1.尾長天満宮

 

f:id:hiro227asrw:20191123221205j:plain

 

二葉山のたもとにある神社です。

天満宮」という名が示す通り、菅原道真公が祭られています。

901年、時の権力者・藤原時平の陰謀により大宰府に左遷されてしまった道真公。昔この辺まで海だったらしく、船を二葉山のたもとにつけ、この山を登り休憩をとりました。

そのことから、ここの村人が祠を立てたことから、この神社の歴史が始まったようです。

 

f:id:hiro227asrw:20191123221727j:plain

菅原道真公と撫で牛

菅原道真公の誕生日と亡くなった日が丑の日であったことや、道真公の遺言が墓所は牛車が止まったところにしてほしい、などから道真公のお使いが「牛」であることがいわれています。

撫で牛は、自分の体が悪い部分を撫でたあと、牛の像の同じ個所を撫でると、その部分が治るといわれたり、牛の頭を撫でると学業・所願成就がなされると伝えられています。

 

f:id:hiro227asrw:20191123222904j:plain

尾長八幡宮の社殿です。

 

2.二葉山山頂

 

f:id:hiro227asrw:20191123223858j:plain

 

尾長天満宮からすこし急な坂道を歩くと、二葉山山頂に到着します。

 

f:id:hiro227asrw:20191123223957j:plain

二葉山からみた広島市内、仁保方面(東側)を望む。

 

f:id:hiro227asrw:20191123224057j:plain

二葉山から広島市内、観音・江波方面(西側)を望む。

 

二葉山を登っている途中の寺院で、いい言葉を書いた張り紙がありました。

「私の気づく恩は、氷山の一角にすぎない」

 

3.広島東照宮

 

f:id:hiro227asrw:20191123222948j:plain

f:id:hiro227asrw:20191123223017j:plain

 

この東照宮も二葉山のたもとにあります。

東照宮」という名が示す通り、徳川家康公が祭られています。

江戸幕府3代将軍・徳川家光日光東照宮を建立した後、諸大名に東照宮の造営を勧めたため、全国各地で創建されました。

広島でも東照宮が創建されます。

広島藩2代藩主・浅野光晟(あさのみつあきら)公は、生母の正清院が徳川家康の三女であったことが縁でその創建に積極的で、1648(慶安元)年に完成しました。

 

f:id:hiro227asrw:20191123223752j:plain

 

七五三の家族連れが多く、とても賑やかでした。

 

4.おまけ 広島城

 

f:id:hiro227asrw:20191123224524j:plain

 

別名、鯉城。広島東洋カープ名づけもとになったお城です。

1589年に毛利輝元が築城しました。

1619年に浅野長晟(あさのながあきら)公が入城し、今年で入封400年となります。

戦前は国宝でしたが、1945(昭和20)年の原爆投下で全焼してしまい、1957(昭和32)年に再建され、今は広島城博物館となります。

 

f:id:hiro227asrw:20191123220017j:plain

 

スポンサーリンク