赤い国に住む者のスケッチブック

趣味で描いた絵をあげていくけんね!

【広島県尾道市】ねこ耳娘・小鈴ちゃん

スポンサーリンク

今回は、女の子+セーラー服+猫耳をコラボした娘を描いてみました。

 

f:id:hiro227asrw:20191115223346j:plain

 

私にとって、どうもこの組み合わせが「最強」(???)という気がしてなりませぬwww

 

 

イラストのあらまし

 

キャラクター設定は次のとおりにしました。

 本名    村上 小鈴

 学年・年齢 高校1年生・15歳

 好きな科目 国語

 嫌いな科目 体育

 血液型   A型

 誕生日   5月16日

 趣味    読書

 性格    明るい、でも少し怖がり

 

クリスタで線画を描き、

 

f:id:hiro227asrw:20191115223608j:plain

 

色を塗ってみました。

 

f:id:hiro227asrw:20191115223346j:plain

 

私は基本的にギャルゲ塗りにします。1レイヤーに1色を鉄則にして、色の濃さを変化させて塗り進めていきました。

水彩画風に描ければ表現の幅が広がるのですが、、、鍛錬が必要でありまする( ;∀;)

背景は、クリスタにねこをイメージしたテクスチャーがありましたので、それを使用させてもらいました。

 

なぜこのイラストを描こうと思ったのか

 

尾道は坂と猫の町。小さい径を歩いていると、なぜか日常とは違う、別世界の道を歩いている気がします。

と、突然尾道の感想を書いてみましたが、私はこの町がとても好きで、この町にちなんだ作品を作っていきたいという願望がありました。

まずは、尾道を連想してしまう猫とセーラー服少女の組み合わせがいいのかな、と思いました。

 

尾道の観光スポット「猫の細道」

 

尾道の千光寺の本堂からの坂道を脇に逸れて歩いていると「猫の細道」というものがあります。

そこを歩いているとなぜか猫のいる世界に入った感じがし、日頃の忙しい日常を忘れさせてくれます。

私は心に疲れが出た時、ふらっと電車またはロードバイクにのって尾道へ行き、千光寺に参拝した後でこの道を歩くことにしています。そうすると、何故か心が軽くなり、リフレッシュされる感じがします。この道は好きな場所のひとつです。

所々に、石を猫の色に彩色した置物があったり、

 

f:id:hiro227asrw:20191115223705j:plain

 

f:id:hiro227asrw:20191115223723j:plain

 

実際に猫がいたり、

 

f:id:hiro227asrw:20191115223738j:plain

 

歩いているだけでとても楽しい気分にさせてくれます。

猫の置物のような石が気になったので、インターネットで調べてみました。

この置物は「福石猫」と呼ばれるもので、フランス生まれの芸術家・園山春二さんが描いたものです。尾道出身の映画監督・大林宣彦さんの「転校生」をみて尾道に魅了された園山さんが、日本海の荒波にもまれた丸い石を猫の色に彩色したのもののようです。

この猫の石を見るだけで、忙しい日々で疲れた心がRPG風にいうと「ヒットポイント回復!」という気分にさせてくれます。

 

尾道は創作意欲を湧き立たせてくる町

 

尾道は映画や漫画、アニメの舞台としてよく取り上げらますが、実際に行ってみるとその理由がわかるような気がします。

上であげた「猫の細道」や、国宝級の寺院など作品の素材を探そうと思えばいくらでも転がっている町だと思います。(ただ、その素材を作品へと昇華できる能力が必要なのですが、、、)

 

ということで、心をホッコリさせていけるようなイラスト、私の場合は、女の子+セーラー服+猫耳をコラボした娘でしたので、これを描いてみた次第です。

今後も、この娘を描いていきます!

 

f:id:hiro227asrw:20191115223346j:plain

 

スポンサーリンク