赤い国に住む者のスケッチブック

趣味で描いた絵をあげていくけんね!

ハロウィン

スポンサーリンク

f:id:hiro227asrw:20191030214859j:plain

 

10月31日は、ハロウィン。

私も例に漏れず、これをテーマにしたイラストを描いてみました。魔女に仮装した女の子を描いてみました。

 

 

イラストのあらまし 

 

 

クリスタで線画を描き、

f:id:hiro227asrw:20191030214847j:plain

 色を塗りました。

 

f:id:hiro227asrw:20191030214859j:plain

 

ハロウィンってなんだろう?

 

10月31日は「ハロウィン」です。9月下旬ごろからショッピングモールやダイソー・セリアなどの100円ショップではジャック・オー・ランタンなどのグッツが売られたりして、ハロウィンも近いなぁ、と実感させてくれます。

ところが、私は「ハロウィン」「ジャック・オー・ランタン」の言葉は知っていても、その内容は語れないことに気づきました。少し興味があったので、ネットサーフィンなどをして色々調べてみることにしました。 

 

1.ハロウィンとは?

 

「ハロウィン」は、元々ケルト民族が、秋の収穫を祝って、悪霊を退散させる、宗教的なお祭りが起源です。古代のケルトの暦が10月31日に日本でいう大晦日を、11月1日に新年を迎えるため、年越行事として祝われたお祭りのようです。

1年の実りに感謝する10月31日には死後の世界から霊は現世に戻ってくるものと信じられていました。まるで、日本のお盆のような感覚ですね。

 

2.ジャック・オー・ランタン

 

しかし、この中に悪霊が混ざっており、彼らを追い払うべく、かぼちゃを怖い顔にくり抜いて作ったジャック・オー・ランタンをハロウィンの晩に家の前に飾りました。

ハロウィンは、ヨーロッパからアメリカ合衆国に渡り、民間のお祭りとして定着していきます。流石、自由の国・アメリカ。よい文化はどんどん吸収していこう!ということなのでしょうか。

昔、アイルランドにジャックという男は住んでいた。ジャックは生前悪いことばかりしていて、死後も地獄にさえ落ちることができなかった。死後も行き場所がなかったジャックは、カブをくり抜いてそれを提灯替わりに闇夜をさまよった。

その提灯がジャック・オー・ランタンの起源となりました。ハロウィンの習慣が伝わったアメリカで、カブからかぼちゃに変わりました。

 

3.トリック・オア・トリート

 

さらに、魔女やお化けなどに仮装して、悪霊から身を守りました。

仮装をした子供たちが「トリック・オア・トリート(Trick or Treat)【お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!】」と叫んで玄関の電気がついている家々をまわり(点灯していれば訪問OK!お菓子あげるよ!という意思表示)、お菓子をもらう習慣は第二次世界大戦後のアメリカで広まりました。

仮装した子供たちが悪霊を払ってくれ、その家に幸せを運んできてくれたお礼、という意味なのでしょうか?

 

4.ハロウィンで私が思い浮かんだこと

 

私は、クリスマスや復活祭などのキリスト教の一連の祭りの1つかと思っていましたが、少し違っていたようです。今でこそ、キリスト教の影響はあるようですが、基本はキリスト教徒によっては異教徒の祭りであるということを知って少し驚きました。

日本ではコスプレ・仮装のお祭りのような形になっています。それらをするのも、見るのも楽しいですので、この時期を楽しみたいと思います。

 

スポンサーリンク