赤い国に住む者のスケッチブック

趣味で描いた絵をあげていくけんね!

【BanG Dream!(バンドリ!)】Jump!

今回は、BanG Dream!バンドリ!)、Poppin’ Partyのギターボーカル・戸山香澄さんを描いてみました。

完成版を、一足先に公開いたしましょう!

 

f:id:hiro227asrw:20200421000820j:plain

 

 

1.解説

 

戸山香澄さんは、花咲川女子学園の2年生。

Poppin’ Partyのギターとボーカルを担当しています。

1期の初めに、質屋の孫で、Poppin’ Partyのキーボード担当の市ヶ谷有咲さんからランダムスターを貰い、そこからポピパの歴史がスタートします。

彼女の長所は、何といっても何事においても前向きであること。

1期のスペースでのオーディションでオーナーよりかなり厳しいことをいわれてしまい、一時声が出なくなりましたが、彼女の持っている前向きな気持ちと、なによりもポピパのみんなに支えられ、これを克服しました。

そして、見事オーディションに合格しました。

このオーディションで歌われた「前へススメ」は、今もって私の好きな楽曲の1つでもあります。(今の押しは「RETURNS」ですがww)

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain今回は、あんたも前向きになってブログを書く気になったようじゃね。香澄ちゃんに感化された?

 

【私】そうなんですよ!コイちゃん。「前へススメ」を聞いてたら、急にブログを書く気になったんで。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainそうなん?まぁ、きっかけは何であれ、書く気になったのはええことじゃ!

 

 

2.線画

f:id:hiro227asrw:20200421000838j:plain

 

最初に線画を描きます。

いつもどおり、コピー用紙に4Bの鉛筆でラフをひたすら描いていきます。

今回は、ジャンプをして、楽しく、勇気を与えてくれるような楽曲を演奏している様子を描いてみました。

今回は、スっと!とテーマが決まりました。

いつも、この調子だといいんですが。

ただ、今回もラフを何枚か描きました、、、

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainなんか、スンナリ行きすぎじゃね。もしかしたら、明日は雨なんじゃないかね?

 

【私】 コ、コイちゃん。たまには喜んでくださいよ!

 

3.色塗

 

線画の下に下色のレイヤーを敷き、バケツブラシでひたすら下色を塗りつぶしていきます。

このバケツブラシはとても便利なツールなのですが、必ずといっていいほど塗り残しが起こってしまいます。

その時は、Gペンブラシなどを使って、丁寧に塗りつぶしていきます。塗り残しを発見して後悔しないように気を引き締めて塗っていきます。

下色のレイヤーの上にレイヤーを重ねて影を付けていき、イラストに立体感をつけて行きます。

影は、円柱を表現するように塗っていくことがよいでしょう。いつもどおり、通常レイヤーや乗算レイヤーを駆使して、影を塗っていきます。

影は、光源を意識しながら塗っていくのがポイントです。

そして、加算(発光)レイヤーを重ね、ホワイトを入れて、ハイライトを入れていきます。このハイライト入れも、光源を意識しながら塗っていきます。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain色塗りも順調に進んだようじゃね。

4.完成!

 

そして、完成させました。

 

f:id:hiro227asrw:20200421000820j:plain

 

背景は、青空にしました。

青空を背景に、香澄さんがジャンプをし、勇気を与える楽曲を演奏している様子を表現してみました。

勇気を与えられるようなイラスト、これからも描いていきたいですね!

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainイラストは、見ている方が楽しめようなものを描きたいよね。これからもそれをテーマに描いていきんさい!

 

【私】 わかりました!

 

【ラブライブ!サンシャイン!!】海の曜ちゃん

今回は、ラブライブ!サンシャイン!!の渡辺曜さんを描いてみました。

完成版を、一足先に公開いたしましょう!

 

f:id:hiro227asrw:20200417224124j:plain

 

 

 

1.解説

 

静岡県浦の星女学院の2年生。

高海千歌さんが、スクールアイドル部を作ろうとしたとき、彼女を応援し、部員第1号になった娘です。

彼女は裁縫と料理がとてもお上手な娘ですね。

海の家で華麗に焼きそばを焼く姿は、とても手際がよかったです。

また、巫女姿のコスプレも可愛らしかったですね。

でも、彼女のチャームポイントといえば、敬礼して「ヨーソロー!」というところですね。りりしくもあり、可愛くもあります!

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain、、、、、、、

 

【私】どうしてんですか?コイちゃん

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainあんたのサボりぐせはよーーーーーわかったよ。またブログほっぽり投げて!ハリセンボンを100匹飲まそうかねぇ

 

【私】い、いや、、それはご勘弁をm(__)m

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainまぁええわ。このイラスト、しっかり解説しんさい!

 

2.線画

 

f:id:hiro227asrw:20200417224204j:plain

 

最初に線画を描きます。

いつもどおり、コピー用紙に4Bの鉛筆でラフをひたすら描いていきます。

今回は、リラックスといいますか、すこしのんびりと座っている様子を表現してみました。

いつものことながら、テーマが何かよくわからない線画になってしました。

今回も、そう今回もも頭を抱えながら描きました。いつも思うことなのですが、テーマを設定して描かなければいけない、と頭の中で思いはすのですが、実行に移せません、、、

結局、ラフを何枚か描きました、、、

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainなんか、同んなじセリフばっか聞きよる気がするんじゃけど

 

【私】ハイ、ソノトオリデス、、

 

3.色塗

 

線画の下に下色のレイヤーを敷き、バケツブラシでひたすら下色を塗りつぶしていきます。

このバケツブラシはとても便利なツールなのですが、必ずといっていいほど塗り残しが起こってしまいます。

その時は、Gペンブラシなどを使って、丁寧に塗りつぶしていきます。塗り残しを発見して後悔しないように気を引き締めて塗っていきます。

下色のレイヤーの上にレイヤーを重ねて影を付けていき、イラストに立体感をつけて行きます。

影は、円柱を表現するように塗っていくことがよいでしょう。いつもどおり、通常レイヤーや乗算レイヤーを駆使して、影を塗っていきます。

影は、光源を意識しながら塗っていくのがポイントです。

今回も影塗りは、試行錯誤しながら塗っていきました。

そして、加算(発光)レイヤーを重ね、ホワイトを入れて、ハイライトを入れていきます。このハイライト入れも、光源を意識しながら塗っていきます。

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainやっぱり、塗りの工程は楽しいよね。徐々にキャラを作っていく感じがするからええんよね!

 

【私】そのとおりです!

 

4.完成!

 

そして、完成させました。

背景を海にしてしました。

セーラー服と海の取り合わせがとても好みであります!

 

f:id:hiro227asrw:20200417224124j:plain

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainどうね、久しぶりに絵を描いて、ブログにアップした感想は?

 

【私】いやー、やっぱり絵とブログはいいものですね、それでは次回お会いいたしましょう!

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainまったく、反省しとるんかねぇ?

 

【To Loveる】双子の姉・ナナさん

今回は、To Loveる、ナナ・アスタ・デビルークさんを描いてみました。

完成版を、一足先に公開いたしましょう!

 

f:id:hiro227asrw:20200408221002j:plain

 

 

1.解説

 

皆さんご存知のとおり、ララ・サタリン・デビルークさんの妹であり、モモ・ベリア・デビルークさんの双子の姉です。

姉のララさんの婚約者(?)となった結城リト君を、本当に姉の婚約者としてふさわしいのか品定めをするためにはるばるデビルーク星から地球にやってきました。

当初は、結城リト君を「ケダモノ」としてみていたようですが、話が進むにつれて彼のことが気になるようになってきましたね。

(本当は、リト君は、ララさんやモモさんが起こしたトラブルの巻き添えになって いただけですが)

彼女の特技が、動物を会話ができること。

彼女の悩みはおムネが小さいことです。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainあんた、最近姿見んかったけど、絵を描くのサボってなかったんじゃろうね?

 

【私】コ、コイちゃん、絵はちゃんと描いてましたよ、、

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainなんか、あんたサボりが多いような気がするよ!このブログ、また1週間、投げっぱなしにしとったし!

 

【私】ご、こめんなさい。これからは、なるべく更新しますけん、ゆるしてm(__)m

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainなんか、前にも同じような気がするけど、、、

 

2.線画

 

f:id:hiro227asrw:20200408222720j:plain

 

最初に線画を描きます。

いつもどおり、コピー用紙に4Bの鉛筆でラフをひたすら描いていきます。
今回は、何か決意といいますか、何か遠くをみて思いにふけっているといいますか、もしかしたら、リトさんの告白を待っているといいますか、とりあえず立ちポーズを描きました。

いつもといいますか、ポーズに悩んでしまい、テーマが何かよくわからない線画になってしました。

今回も、かなり頭を抱えながら描きました。もう少し、テーマを設定して描かなければいけない、と思いますが、技術がないもんで、、、

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainいっつも、いっつも弱音をはきよって!もう少ししっかりしんさい!

 

【私】 はい、コイちゃん。

 

結局、ラフを何枚か描きました、、、

 

3.色塗

 

線画の下に下色のレイヤーを敷き、バケツブラシでひたすら下色を塗りつぶしていきます。

このバケツブラシはとても便利なツールなのですが、必ずといっていいほど塗り残しが起こってしまいます。

その時は、Gペンブラシなどを使って、丁寧に塗りつぶしていきます。塗り残しを発見して後悔しないように気を引き締めて塗っていきます。

下色のレイヤーの上にレイヤーを重ねて影を付けていき、イラストに立体感をつけて行きます。

影は、円柱を表現するように塗っていくことがよいでしょう。いつもどおり、通常レイヤーや乗算レイヤーを駆使して、影を塗っていきます。

影は、光源を意識しながら塗っていくのがポイントです。

今回も影塗りは、試行錯誤しながら塗っていきました。

そして、加算(発光)レイヤーを重ね、ホワイトを入れて、ハイライトを入れていきます。このハイライト入れも、光源を意識しながら塗っていきます。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain色塗りで、キャラに命を吹き込むような感じになるね。線画をきちんと描いておかないと、色を塗っても質がよくならんから、強いてはイラストが死んだようになってしまうもんね!

 

【私】 そうですね。

 

4.完成!

 

そして、完成させました。

 

f:id:hiro227asrw:20200408221002j:plain

 

■ この場面の話を思い浮かべました ■

 

リトとナナは海が近い公園で話をしていた。

「な、なんだよ、リト。私に何の話だ?」

ナナがリトにそう話かける。

「ナナ、俺。ずっとお前のこと見てたんだ」

「な、なにいってんだ? お前には姉上という婚約者がいるじゃないか!」

「いや、お前じゃなきゃいけないんだ」

「リ、リト、、、」

「だって、この前拾った猫、あんま俺のいうこと聞かないから。ナナに猫の心を教えてもらおうと思って」

「、、、、、、」

ナナは一瞬沈黙したあと、

「だまれ!このケダモノ!!」

ナナはリトをぶっ飛ばした。

「まったく、、、、でも少し期待してたんだよな」

ナナはそう呟いた。

 

 

今回は、矢吹健太朗先生のキャラを描かせてもらいましたが、、、かなり頑張れば、と思いました。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain絵の道には終わりはないね。終わったと思ったら、ここからは衰えしかないから、ずっと道を進まなきゃね!

 

【私】 そうですね!

 

【宇宙戦艦ヤマト】ヤマトの船務長

今回は、宇宙戦艦ヤマトの船務科所属の船務長・森雪(もりゆき)さんを描いてみました。

 

完成版を、一足先に公開いたしましょう!

 

f:id:hiro227asrw:20200331233509j:plain

 

 

1.解説

 

皆さんご存知のように、宇宙戦艦ヤマトは、呉市大和ミュージアムの名誉館長でもある松本零士さんの漫画をアニメ化したものですね。

ちなみに、JR呉駅の電車の接近メロディはこのアニメのテーマになっています。

1970年代のアニメでは、女性キャラはこの方だけでした(つまり紅一点)。リメイク版は、他にも女性キャラが登場し、いわゆるヤマトガールを結成(?)しました。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain萌えキャラじゃなく、美人キャラを描くとは、あんたにしては珍しいね。

 

【私】絵の幅を拡げようと思ってチャレンジしてみました。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainえらい、えらい(頭なでなで)


【私】?、なんか立場が逆かも、、、

 

2.線画

 

f:id:hiro227asrw:20200331233540j:plain

 

最初に線画を描きます。

いつもどおり、コピー用紙に4Bの鉛筆でラフをひたすら描いていきます。

今回はコックピットに座っている様子を描いてみました。

いつも恒例行事、といいますか、恒例のいいわけといいますか、ポーズに悩んでしまいました。

コックピットに座るといっても、このようなポーズをとるのかな?という思いで描きました。

かなり頭を抱えながらかきました。技術のなさを痛感してしまいました( ;∀;)

結局、ラフを何枚か描きました、、、

 

3.色塗

 

線画の下に下色のレイヤーを敷き、バケツブラシでひたすら下色を塗りつぶしていきます。

このバケツブラシはとても便利なツールなのですが、必ずといっていいほど塗り残しが起こってしまいます。

その時は、Gペンブラシなどを使って、丁寧に塗りつぶしていきます。塗り残しを発見して後悔しないように気を引き締めて塗っていきます。

下色のレイヤーの上にレイヤーを重ねて影を付けていき、イラストに立体感をつけて行きます。

影は、円柱を表現するように塗っていくことがよいでしょう。通常レイヤーや乗算レイヤーを駆使して、影を塗っていきます。

影は、光源を意識しながら塗っていくのがポイントです。

この影塗りは、毎度毎度試行錯誤しながら塗っていっています。日々練習あるのみですね。

そして、加算(発光)レイヤーを重ね、ホワイトを入れて、ハイライトを入れていきます。このハイライト入れも、光源を意識しながら塗っていきます。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain影を塗り重ねていくことによって、絵が2次元から、2.5次元になっていくから面白いよね。これが絵の奥深さなんじゃろうね。

 

【私】絵を描く度に、技術のなさを思い知らされますが、同時に奥深さを感じさせてくれますよね。

 

4.完成!

 

そして、完成させました。

 

f:id:hiro227asrw:20200331233509j:plain

 

ヤマトの制服。シンプルなので描くのが簡単なのかと思いましたが、なかなか難しかったです。

いろいろ描いて、研究していきたいですね。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainそのとおりじゃね。描いて描いて描きまくる方法が、絵を上達させる王道だし、近道じゃね。描くのをやめん事、それが重要じゃ!

 

【ハイスクール・フリート(はいふり)】ココちゃん、マーメイド?(完成!)

前回まで、髪の毛の色塗りを進めました。

今回は、肌、そして瞳の色塗り、背景を描いて完成させていきましょう!

一足先に完成版をお披露目です!

 

f:id:hiro227asrw:20200328210812j:plain

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainいよいよ完成じゃね。楽しみにしとるけん、しっかり描きんさいよ!

 

【私】わかりました、コイちゃん

 

 

1.肌の色塗り

 

では、肌の色塗りを進めていきましょう!

この工程では、レイヤーを4枚使います。

レイヤーを重ねることにより、肌に立体感を出していきましょう!

 

(1)1影

 

f:id:hiro227asrw:20200328203252j:plain

 

肌の下色のレイヤーの上に、通常レイヤーを重ねます。

その通常レイヤーを肌の下色のレイヤーでクリッピングします。このようにすると、仮に線画をはみ出して色を塗ったとしても、下色よりもはみ出して塗ってしまうということがないからです。

このクリッピングが、色を塗るときに大変便利なツールです。

1影は、肌色よりもやや暗い色を使って、光源を意識して塗っていきます。

透明水彩ブラシを使って、ざっくり塗っていきます。本当にざっくりでいいです!

 

(2)2影

 

f:id:hiro227asrw:20200328203324j:plain

 

1影のレイヤーの上に、通常レイヤーを重ね、1影のレイヤーでクリッピングします。

2影は、ピンクをやや赤を強くした色で塗っていきます。

円柱の影を塗っていくイメージで塗っていくと、肌に立体感を出すことができます。このイメージを持つこと、重要です!

 

(3)3影

 

f:id:hiro227asrw:20200328203345j:plain

 

2影のレイヤーの上に、通常レイヤーを重ね、2影のレイヤーでクリッピングします。

3影は透明水彩ブラシを使って、ざっくり塗っていきます。この3影も光源を意識しながら、ざっくり塗っていきます。

この工程で、肌を更に立体感を出すことができました。

 

(4)ハイライト

 

f:id:hiro227asrw:20200328203408j:plain


 

2影のレイヤーの上に、加算(発光)レイヤーを重ね、2影のレイヤーでクリッピングします。

Gペンブラシを使って塗っていきます。線画に沿って塗っていくとよいでしょう。これで肌がやや艶やかに感じました。

ハイライトを入れることで、イラストのイメージが本当に変わりますね!

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain肌の色塗りを変化させるだけで、キャラの個性が違ってみけるけん、奥が深いね!

 

2.瞳の色塗り

 

次に、瞳の色塗りを進めていきます。

私の場合、瞳の部分は何枚もレイヤーを使ってしまいます。

しかし、瞳はキャラの個性を決める重要なパーツですので、丁寧にかつ慎重に塗り進めていきます。

 

(1)白目の色塗り

 

f:id:hiro227asrw:20200328204551j:plain

 

白目の色塗りをします。

目のまわりを白で塗りつぶした後、そのレイヤーをクリッピングし、やや暗い水色をGペンブラシを使って、まつ毛に沿って塗りつぶします。

そして、その境界をぼかしブラシでぼかします。

更にレイヤーを重ねクリッピングし、赤の原色を鉛筆ブラシを使って、瞳のまわりにそって塗ります。レイヤーはソフトライトレイヤーを使います。
 

(2)1影

 

f:id:hiro227asrw:20200328204926j:plain

 

下色のレイヤーの上に、通常レイヤーを重ね、1影のレイヤーでクリッピングします。

ここは、鉛筆ブラシ10サイズを使って、瞳の線画を一回り小さく描くようなイメージで楕円を描きます。

楕円の内側は、ぼかしブラシを使って線の上をなぞり、ぼかしていきます。

 

(3)2影

 

f:id:hiro227asrw:20200328204951j:plain

 

1影のレイヤーの上に、通常レイヤーを重ね、1影のレイヤーでクリッピングします。

2影は、1影の色よりもやや明るい色を使って塗りつぶします。

塗りつぶしは、バケツブラシを使うとよいでしょう。

 

(4)3影

 

f:id:hiro227asrw:20200328205012j:plain

 

2影のレイヤーの上に、今回は乗算レイヤーを重ね、2影のレイヤーでクリッピングします。

ほぼ黒い色を使って、鉛筆ブラシを使って小さい塗りつぶした楕円を描きます。

この楕円は、瞳の中央部分に描くます。

 

(5)4影

 

f:id:hiro227asrw:20200328205032j:plain

 

3影のレイヤーの上に、更に乗算レイヤーを重ね、3影のレイヤーでクリッピングします。

柔らかスプレーブラシと鉛筆ブラシを使って塗っていきます。

この部分は図のように、瞳の大部分を塗ります。

 

(6)5影

 

f:id:hiro227asrw:20200328205053j:plain

 

4影のレイヤーの上に、また更に乗算レイヤーを重ね、4影のレイヤーでクリッピングします。

まつ毛に沿って、柔らかスプレーブラシを使って塗っていきます。

4影よりも更に暗い色を使って塗っていきます。

 

(7)ハイライト

 

f:id:hiro227asrw:20200328205114j:plain


 

瞳に光を入れていきます。

まず、5影のレイヤーの上に、覆い焼き(発光)レイヤーを重ね、5影のレイヤーでクリッピングします。

スプレー(柔らか)ブラシを使って、上の絵のとおり、下部分を半月を描くように塗っていきます。

このままですと、あまりに明るさが目立ってしまいますので、透明度を70%ほどにします。

 

f:id:hiro227asrw:20200328205137j:plain

 

次に、覆い焼き(発光)レイヤーの上に、スクリーンレイヤーを重ね、その覆い焼き(発光)レイヤーでクリッピングします。

透明水彩ブラシの赤、緑、青、紫の原色を使って、塗っていきます。

 

f:id:hiro227asrw:20200328205154j:plain


そしてこのイラストの一番上に、加算(発光)レイヤーをのせ、白のシャープペンブラシを使ってハイライトを入れていきます。

 

f:id:hiro227asrw:20200328205218j:plain

 

最後に、ハイライトを入れる前に重ねた、覆い焼き(発光)レイヤーでクリッピングしたスクリーンレイヤーにさらにスクリーンレイヤーを重ね、クリッピングします。

赤のシャープペンブラシを使って、先程加算(発光)レイヤーに白のシャープペンで入れたハイライトに沿って塗っていきます。その後、ぼかしブラシを使ってぼかしていきます。

すると、瞳に光が入り、キャラが生き生きした感じになりました。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain瞳に色を重ねるだけで、キャラに命が吹き込まれたね。

 

3.仕上!

 

それでは、いよいよ完成へと進めていきます。

 

(1)線画の色の変更

 

f:id:hiro227asrw:20200328205909j:plain

 

今まで、線画の色を黒にしていましたが、これを茶色に変更します。

こうすることによって、線画が色になじむというか、目立つようで目立たない、目立たないようで目立つといった感じになります。

そして、瞳の線画の上に、覆い焼き(発光レイヤー)を敷き、クリッピングし、ピンクの透明水彩ブラシを使って塗っていきます。

その上にスクリーンレイヤーを重ね、クリッピングし、紫の透明水彩ブラシを使って塗っていきます。

最後に、まゆげ、頬、口に色をつけていきます。

 

(2)背景

 

f:id:hiro227asrw:20200328205929j:plain


 

そして、背景を描きます。

今回のイラストのテーマは、納沙幸子さん(ココちゃん)がマーメイドポーズをしている様子を描いてみたかったので、背景を海にしました。

そして、イラスト全体をオーバーレイレイヤーを敷き、やや明るい灰色をかぶせます。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain背景を入れるだけで、イラストがグッと表現力が増すよね。

 

【私】 そうですね。背景を描かないとどうも手抜きをしている感じがしますからね。

 

4.完成!

 

そして完成しました!

 

f:id:hiro227asrw:20200328210812j:plain

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain今回も途中投げ出さずに描き上げたね。えらいえらい(^▽^)/


【私】 いえ、どういたしまして(なんか上から目線、、、)

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainなんかいった?!

 

【私】 い、いえ何もアリマセン、、

 

では、次のイラストでお会いいたしましょう!

【ハイスクール・フリート(はいふり)】ココちゃん、マーメイド?(色塗編)

前回まで、ハイスクール・フリートはいふり)の納沙幸子さん(ココちゃん)の線画を描いていきました。

今回は、その線画に色をつけていきます。下の画像まで塗っていきますよ!

 

f:id:hiro227asrw:20200327224237j:plain

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainいよいよ色塗り開始じゃね。気を抜いて塗っていくと、イラストの質が下がるけん、締めていきんさいよ!

 

【私】 了解しました!

 

1.下色

 

f:id:hiro227asrw:20200327221125j:plain

 

線画のレイヤーの下に、各パーツごとに色を塗るためのレイヤーを敷きます。

1レイヤーに対し1色を基本に色塗りを進めていきます。

 

まず、下色をつけていきます。

色塗りはいつもどおり、バケツブラシを使います。

いつも語っていますように、バケツブラシは一気に色塗りができる大変便利なツールなのです。みなさん、便利なツールはおおいに使っていきましょう。

しかし、残念ながら便利な一方で、線画が交差する箇所は必ずといっていいほど塗り残しが起こってしまいます。

Gペンブラシを使うなど、丁寧に塗り残しを潰していきます。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain塗り残しがあると、イラストがブサイクになるから、疎かにできん行程じゃね!

 

2.髪の毛

 

次に、髪の毛の色塗りを進めていきます。

いつもどおり、光源を意識しながら、三角形を描くように影を塗っていきます。

では、順を追って解説していきましょう!

 

(1)1影

 

f:id:hiro227asrw:20200327222234j:plain

 

髪の毛の下色の上に、通常レイヤーを重ねます。

そして、下色よりもやや暗い色で、透明水彩ブラシを使って、光源を意識しながらもザックリと影をつけていきます。

 

(2)2影

 

f:id:hiro227asrw:20200327222303j:plain

 


1影の上に通常レイヤーを重ねます。

今度は、Gペンブラシを使って、1影よりもやや暗い色で、三角形を描くように塗っていきます。

そして、三角形のてっぺんを消しゴム(柔らか)ブラシを使ってサッと消していきます。すべてではなく、バランスを考えながら、ところどころ消していきます。

あまり消しすぎますと、メリハリのない塗りになってしまいますので、その辺は注意が必要です。

さらに、透明水彩ブラシをつかって、頭のてっぺん付近は天使の輪っかのように、その他はバランスを考えながら、髪の毛の流れを意識しながら、ちょこちょこ塗っていきます。

 

(3)3影

 

f:id:hiro227asrw:20200327222339j:plain

 

2影の上にさらに通常レイヤーを重ねます。

2影よりも、やや暗い色を使って髪の毛の流れを意識しながら塗っていき、髪の毛に立体感をつけていきます。

 

(4)ハイライト

 

f:id:hiro227asrw:20200327222434j:plain


 

3影の上に、加算(発光)レイヤーを重ねます。

白の透明水彩ブラシを使って、これも天使の輪っかを意識しながら、ハイライトを入れていきます。

ハイライトも、髪の毛の流れを意識しながら塗っていくといいでしょう。

さらに、オーバーレイレイヤーを重ね、赤色のスプレーブラシを使って、頭のてっぺんと髪の毛の端をさっと塗っていきます。

 

以上で髪の毛の塗りは完了です。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainこれで、髪の毛に立体感が出てきたね。髪の毛はおんなの命じゃねんね!

 

3.制服

 

次に、制服の色塗りをしていきます。

この工程は、しわや影を如何に描くかがポイントになります。

では、順を追って説明していきましょう!

 

(1)上着の1影

 

f:id:hiro227asrw:20200327223031j:plain

 

制服の下色の上に通常レイヤーを重ねます。

今回、ココちゃんはセーラー服の上にカーデガンを着ていますので、セーラー服の下色部分とカーデガンの下色部分にレイヤーを重ねていきます。

カーデガン部分は、光源を意識しながら、やや暗い茶色の透明水彩ブラシを使って、ざっくり塗っていきます。

 

(2)上着の2影

 

f:id:hiro227asrw:20200327223329j:plain

 

1影の上に、通常レイヤーを重ねます。

「しわ」を意識しながら影をぬっていくのがポイントですが、試行錯誤しながら塗っていきます。

まず、セーラー服部分は、やや暗い水色をGペンブラシを使って塗っていきます。

カーデガン部分は、更にやや暗い茶色を使って、これもGペンブラシを使って塗っていきます。

 

(3)上着の3影

 

f:id:hiro227asrw:20200327223551j:plain


 

2影の上に通常レイヤーを重ね、セーラー服部分はさらに暗い水色を使って、カーデガン部分はさらに暗い茶色を使って塗っていきます。

2影よりもさらに立体感を付けたいところを塗っていきます。

 

(4)スカートの1影

 

f:id:hiro227asrw:20200327223802j:plain

 

スカートの下色の上に通常レイヤーを重ねます。

光源を意識しながら、やや暗い青色の透明水彩ブラシを使って、ざっくり塗っていきます。

 

(5)スカートの2影

 

f:id:hiro227asrw:20200327223920j:plain

 

1影の上に、通常レイヤーを重ねます。

1影よりも、やや暗い青色のGペンブラシを使って塗っていきます。

スカートの折り目に沿って塗っていくと、スカートに立体感が出てきました。

 

(6)ロゴ

 

f:id:hiro227asrw:20200327224141j:plain

<最後にロゴを入れます。

ロゴを入れただけでは、違和感満載ですので、乗算レイヤーを使って、上着の影に沿ってロゴにも影を付けました。

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain制服の色塗りも終わり、イラストが段々形になってきたね!

 

今回はここまで、塗りました!

 

f:id:hiro227asrw:20200327224237j:plain

 

次は、肌、瞳を塗って、完成へと持っていきます。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainいよいよ完成じゃね。楽しみ~♪

 

【私】さぁ、次は完成品をお披露目しますよ!

 

【ハイスクール・フリート(はいふり)】ココちゃん、マーメイド?(線画編)

今日から、新しいイラストを描き始めます。

 

今回からは、ハイスクール・フリートはいふり)の納沙幸子(ココちゃん)を描いていきます。

この娘は、はれかぜの中で一番のアナリストですね!

今回は、この線画まで描き進めていきます!

 

f:id:hiro227asrw:20200325234745j:plain

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain今回のテーマは、うむうむ。ココちゃん、マーメイド?なんじゃこりゃ?

 

【私】それは出来てからのお楽しみですよ。コイちゃん!

 

では、早速書き始めていきましょうか!

 

 

1.ラフ

 

f:id:hiro227asrw:20200325232545j:plain

 

最初に、ラフを描きます。

いつも通り、コピー用紙に4Bの鉛筆を使って、ガシガシ描いていきますが、どのポーズにするか、頭の中で構想しながら描いていきます。

いつもブログで書いていることですが、本当にポーズに悩みます。

今回も、5,6枚ラフを描きまして、素体もままで気力がなくなりました。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainなんか、いっつも同じ言い訳を聞きよるような気がするんじゃけど、気のせい?

 

【私】 そ、そう、気のせい、気のせい!でもラフはしっかり描いておかないと、後で線画を入れる時に困りますからね!

 

2.髪の毛

 

f:id:hiro227asrw:20200325233132j:plain

 

髪の毛の線画を描いていきます。

先ほど描いたコピー用紙をスキャンし、CLIPSTUDIO(クリスタ)に取り込みます。

ラフのレイヤーの上にベクターレイヤー(通常)を重ね、鉛筆ブラシ10サイズを使って描いていきます。

板タブを使用しますので、手振れ補正を100に近づけて描いています。線画がガタガタにならないように、丁寧に描いていきましょう!

また、ベクターレイヤーを使う理由は、不要な線画を消すのが簡単だからです。消しゴムブラシで、線をさっとなぞると一発で消えるので、便利ですね!

線画はイラストのすべての基礎になりますから、この工程は疎かにしてはいけませんね!

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainあんた、時にはまともなこというね!

 

3.顔

 

f:id:hiro227asrw:20200325233609j:plain



顔の線画を描いていきます。

この部分もベクターレイヤー(通常)を使って、鉛筆ブラシ10サイズを使って描いていきます。

いつも語っていることですが、顔は丸くしすぎると太ってみえますし、尖らせると可愛く見えないですし、このバランスをとるのがかなり難しいです。

今回も例に漏れず、いい形になるように、何度も描き直ししました。

 

4.素体・制服

 

f:id:hiro227asrw:20200325233731j:plain



次に、素体を描いていきます。

素体は、服を描く際の基準となりますので、しっかり描きます。

この部分もベクターレイヤー(通常)を使って、鉛筆ブラシ10サイズを使って描いていきます。

今回は、マーメイドのようなイメージで描きたかったので、上のようなポーズになりました。

 

素体を描いたあと、制服を描きます。

素体の線画を青に変え、素体の線画を描いたレイヤーの上に、ベクターレイヤー(通常)を敷き、鉛筆ブラシ10サイズでひたすら描いていきます。

この娘はセーラー服の上にカーデガンを着ていますので、何枚かレイヤーを使って細かく描いていきます。

さらに、頭の上にベレー帽を描きました。

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plain確かに、線が沢山あると、どれがどの線かわからんようになるもんね。必要な線を消してしまう場合があるけん、レイヤーで分けるのもテクニックの1つじゃね。

 

5.瞳

 

f:id:hiro227asrw:20200325234239j:plain

 

瞳の線画を描きます。

このパーツはキャラの個性を決める重要なパーツですので、慎重にかつ丁寧に描いていきます。

この部分だけは、ラスターレイヤーを使います。その理由は、ベクターレイヤーではできない微修正が簡単だからです。

 

6.線画の完成!

 

そして、線画を完成させました!

 

f:id:hiro227asrw:20200325234745j:plain

 

 f:id:hiro227asrw:20200220205327p:plainあくまでも線画を完成させただけ。さぁ、色塗りも気を引き締めていきんさいよ!



【私】 さぁ、次の色塗りも手抜かりなく進めていきますよ!

スポンサーリンク